2016年 1月 の投稿一覧

◇風邪,熱が出たときの食事はこれ!◇

《風邪・発熱の食事のススメ》

私の周りで風邪をひく方が多くなってきました、、。
風邪をひいたとき、発熱したときにとる食事、、悩みませんか??

学んだ栄養学+αちょっと調べて まとめてみました*
もしよろしければ 参考にしていただければ、、と思います。

⬇︎⬇︎

風邪が悪化しているときは
普段よりも体力を消耗する一方で
食欲が減退したり
消化吸収力が低下します。

消化のよい食事を基本にして
おかゆ、うどんなどの主食をしっかりたべつつ
卵、魚、鶏肉などのタンパク質や
免疫を助けるビタミンAや
ビタミンB群など、他ミネラルもしっかりとりましょう*

1.主食は(エネルギー源になるもの)
おかゆ、うどん、パン粥 などの消化のよいものを*

2.主菜は(タンパク源になるもの)
卵、鶏肉、白身魚などを中心に*
市販の卵豆腐、茶碗蒸しを食べると
消化に負担をかけずに、
またあまり手を加えずに
手軽にたんぱく質が摂取できます。
またお粥に溶き卵をいれて 雑炊にしてもok。うどんに鶏肉などもオススメです。

3.野菜は(もし食べられれば)
免疫に欠かせないビタミンA、ビタミンCが豊富な人参、ほうれん草、ブロッコリーなどをボイルする、スープの具材にしてとられると良いですね。

*オススメは
《雑炊》
おかゆにとき卵をいれて、
だしのもと、しょうゆ、塩で味付けしてみて*
食欲なければ ごま油を少し足らすと 食べやすいですよ。

《うどん》
めんつゆを、うどんのめんつゆの稀釈で作って 沸騰させて
うどんをいれて ほうれん草や人参をいれて クタクタしたら卵でとじて おねぎを散らす。

*食欲ないとき、、
どうしても食欲ないときは
アイスクリームやゼリー、プリン 、ヨーグルト、卵豆腐、茶碗蒸しなど
食べられそうなものを
少しずつでも良いから食べてみてください。

水分補給、ミネラル補給にポカリなども忘れずに。

*のどがつらいとき
ハチミツがのどの保湿を助けてくれて
レモンが殺菌効果とビタミンCの補給に*
少しのどが楽になりますよ^ ^

☆ホットハチミツレモン☆
ハチミツ 大さじ1
レモン汁 大さじ2/3~1
お湯200ml

ハチミツ、レモンをカップにいれて
お湯を注いで 出来上がり*

栄養指導のポイント*聴くこと待つこと続けること*

*聴くこと 待つこと 続けること*

栄養指導で一番大事なポイントみたいです*
先月、今月に参加した 栄養指導のセミナー、学会で多くの先生方が共通して 語っていたことです。
⇩⇩

《聴くこと》
患者様が ご自身の病気について
どう感じて、考えているか
今後どんな風に生きたいか
よく聴きその人が抱える背景を理解する事

《待つこと》
患者様の思いが聴ける環境をととのえて
心を開くまで 待つこと

《続けること》
患者様が心を開いてくれる事を
諦めずに 信じ続け
関係づくりに努め続ける事

そして
患者様の今後の理想の《ライフプラン》を聴いて
それを踏まえた 栄養《プラン》を一緒に考えて
一緒に人生を歩いていくこと。。

⇧⇧
…なんだか とても深みがありますよね。

ここ最近になって患者様と
少しずつ関われるようになってきて
わかってきた事は

「自分の身体や病気の状態を受け入れられない患者様もいる」

ということ、それにより

「今後の生き方が見えなくなっている」

私が勤めてる職場の患者様で
糖尿病で足をなくして
透析になって3年以上経つ方でも

「なんでこんな身体になってしまったのか、、。生きてて意味があるのかな。。」

と つぶやかれる方がいます。
心の整理がついていないままに
治療を受けている方がいる。。

健康診断、血液検査等を重視してお話しをするのではなく、その人の病気や想いを理解してお話しする。
信頼関係がないと難しい事ではあるけども
少しでも 心によりそって
一緒に歩いていける 栄養士になりたいですね。

また、自分の家族や仲間や友人、、
その周りの人達が
生き生き笑って人生を送ってるような
環境を食を通して作っていきたい。

そう感じた今月でした*
今日も1日頑張ります*

冬の風物詩はこれ!「ぶり」

《 冬の風物詩 ぶり 》

ぶり大根、ぶりの照り焼き、、
冬になるとぶりが食べたくなる 田中です*

今回はそんなぶりの紹介*

ぶりの旬は12~2月*

天然物はアミノ酸によってつくられる
うま味成分が多く含まれ、
養殖物は天然物より脂質が倍以上高いのが特徴。

また脂質の中でも
脳卒中、心筋梗塞等を予防するEPA(エイコサペンタエン酸)

中性脂肪を減少させたり
痴呆やうつ病等によいとされるDHA(ドコサヘキサエン酸)

がぶりには豊富に含まれています*

またエネルギー代謝に欠かせないビタミンB1
脂質代謝に必要なビタミンB2も

ぜひこの時期に食べたい魚であります*

またぶりは出世魚。
ちなみに呼び名は

関東
ワカサ → イナダ→ ワラサ→ ブリ

関西
ツバス → ハマチ → メジロ → ブリ

能登
ツバイソ→ フクラギ→ ガンド → ブリ

と地域によって違うそうです*

明日は職場でぶりが食べられるので
楽しみです*
職場ではぶり照り焼き、ぶり大根、
また唐揚げにして 甘辛タレにからめて 食べます*

ぜひぶりの旬を楽しみましょう^ ^

「大寒」って何の日か知っていますか?

*大寒*

一年 暦上でもっとも寒い日

877568652364405

 

 

 

《 大寒 》

そして今日は大寒
24節気の中で
また暦上もっとも めちゃくちゃ 寒い日らしいですよ、、!
武道や水泳などのスポーツではこの日にあえてする稽古を寒稽古といいます*
稽古をする事で、体力や精神力を養うのだとか。。

*大寒の日の食マメ知識*
【お味噌。お酒を仕込む日】
大寒の朝に汲んだ水は痛まない
邪念を払うのに良い日
という言われから、この日に味噌やお酒を仕込むと長持ちしてよいみたいですよ*

【大寒卵】
この日に産んだ鶏の卵は
栄養価が高いようですよ。
この寒い時期には中々卵を産まない事
水分よりも食料を蓄えるという事から
「もっとも生気の満ちあふれた卵」
とも言われています*
また風水的にも大寒の卵は縁起が良いのだとか。。!

大寒の日
今日は暖かくして 寒さ対策しっかりと*
一段と寒いこの日は しょうがや唐辛子などの香辛料が入ってるような食べ物で身体をポカポカにしてみると良いかもですね*
暖かいごはんや食べ物をとりいれて
今日も頑張りましょう!

こんな新しい女子会はいかがでしょうか。

*てづくり飲みの会*

「手作りしたおつまみでお酒を楽しく堪能したい*」

最近知り合った友達と
ずっと話しをしてて
2人でうずうずしてしまい、、
先週ですが 早速 やってしまいました 笑

テーマは
【日本酒にあいそうなつまみ】

*おいなりさん
*マグロとアボカドの和風タルタル
*鶏肉の照り焼き
*野菜スティック-味噌マヨディップ添え
*蒟蒻の田楽
*はんぺんチーズのミルフィーユ
*花麩のすまし汁

さらに また2人友人を招いて
女性4人で楽しく料理*
美味しい日本酒と
さしいれのワインと一緒に楽しくいただきました*

思考錯誤しながらでしたが
好きな人達と作って 食べる料理と
飲むお酒は格別 美味しい*

今年はこんな時間を
色んな人と共有したい*

冬に美味しいブロッコリー料理

*冬のシェアごはん part4 *

《冬に美味しいブロッコリー》

ここ最近また 寒くなってきましたね。
朝の出勤時に土に霜が降りてて 驚きました!みなさま 体調にはお気をつけて*

先日も作ってきました!シェアごはん!
この日の献立は

*米飯
*豆腐ハンバーグ きのこソースがけ
*ブロッコリーと卵のサラダ
*オレンジ
*わかめの味噌汁

☆栄養価☆
エネルギー 623kcal
タンパク質 29.6g
脂質 17.6g
塩分 2.6g
食物繊維 6.4g

今回はサラダに取り入れた
ブロッコリーについての話を☆

*冬においしいブロッコリー*

旬は11月~3月

ブロッコリーは
免疫力にはかかせないビタミンAのもととなるカロテン
綺麗な肌を保つのに大切なビタミンC
動脈硬化や老化防止に働くビタミンE
高血圧やむくみにもよいカリウム
など ビタミン、ミネラルが豊富です。

旬のこの時期はより豊富なので
出来るだけとりたい野菜ですね*

おすすめの調理法としては
出来るだけ 蒸す、
もしくはシリコンスチーマーなどを利用してレンジで加熱処理をすると
茹でて 水に溶けやすいビタミンC、カリウムを 比較的に逃さずとる事ができます。

またカロテン、ビタミンEは油脂に溶けやすいため、
サラダ、ソテー、シチューなどで食べるとより 身体に取り入れやすくなりますよ*
しかし、ドレッシング、油の使いすぎには注意しましょう。

今回の
ブロッコリーと卵のサラダ

ブロッコリーの栄養にプラスして
トマトのカロテン、そしてリコピンの抗酸化作用も取り入れて さらに強化して
卵のタンパク質もプラスし
卵、マヨネーズの油脂で
油に溶けやすいビタミンA、ビタミンEの吸収の促進を狙いました。
(マヨネーズでなく、ドレッシングでもok。)

良ければ ご参考に*

今回も事務所のみなさん
綺麗に食べてくださり
また準備や片付けも手伝って下さり
いつも 本当に感謝です*(>v<)
次回も楽しく作ります*

1月鏡11日は「鏡開き」の日

* 鏡開き *

1/11 は鏡開き
お正月にお供えしていた鏡餅をわって
無病息災を願って食べます*

お供えものに刃物を向けるのは縁起が悪いので
木槌で叩いて 割って 食べやすいように くだく。
また、「割る」という言葉も縁起が悪いから
「開く」という言葉を使うんだそうです*

だから《鏡開き》

家族や仲間や大切な人達と
お互いの無病息災を願いながら 食べられるといいですね*

さばの味噌煮定食

*冬のごはん part3*

新年を迎えて
本日 初のシェアごはん!!

さて
2016年 初の献立は、、

☆梅ごはん
☆さばの味噌煮
☆小松菜とお揚げの和え物
☆花麩と柚子のすまし汁
☆りんご

新年を迎えて
シェアごはんも
ちょっとレベルあげまして
栄養計算もします!
(あくまで目安です。。)

エネルギー 600kcal
タンパク質 28.7g
脂質 16.6g
塩分 2.8g
食物繊維 5.4g

*DHA・EPAが豊富なさば*

さばの旬は10月〜12月
今回は一年中安定してとれる ごま鯖を使用!

さばは、青背の魚の中でも
EPA(エイコサペンタエン酸),
DHA(ドコサヘキサエン酸)という脂肪酸を多く含んでいます。
この脂肪酸は、
悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、
逆に善玉コレステロールを増やす働きがあり、動脈硬化の予防・改善、、脳卒中、心筋梗塞などの予防にも注目されてます*
脳の発育を促すので 認知症の予防にもよいとか。。

積極的に 青魚 取り入れていきたいですね( ´ ▽ ` )
もちろん他のお魚も!

今日は新年を迎えて初の
事務所でのミーティング。
みなさん 気合い入ってました!!
今年は飛躍の一年になりそうです*
私も見習って
気合いいれます!!
自分自身もシェアごはんも
中も外もレベル上げていきます!