公開日:2019年05月19日 / 最終更新日:2019年05月28日

「ドリームマップ」夢を現実化するための魔法のツールの効果・作り方・手順・サンプル例

夢を叶える魔法のツール・ドリームマップ。

ドリームマップは自己暗示の一つで、自分のやりたいことを紙に写真や絵で描くことで、潜在能力を発揮するための潜在意識を働かせる効果があります。

潜在意識はコントロールすることはできないですが、経験によって情報が蓄積されます。

そして、蓄積した潜在意識は、人智を超えた潜在能力を発揮する引き金の役割を果たします。

つまり、ドリームマップを描くことは、潜在能力を発揮するためのツールとなり得るので、夢を叶える魔法のツールなのです。

今回は、そんな魔法のツール・ドリームマップについてお伝えしていこうと思います。

ドリームマップって何?

白い紙

ドリームマップは言葉の通り「夢の地図」で、あなたがワクワクする夢をマップに書きます。

主に写真を使って作り、文字や色で装飾していきます。

ドリームマップの参考

ドリームマップの正解は、強いて言えばドリームマップを見てワクワクできるかどうかです。

ドリームマップは効果あるの?

ハーバード大学

「ドリームマップって、結局スピリチュアルな世界でしょ」と思う方が大半だと思いますが、実はハーバード大学の学生を対象にした実験で効果が実証されたのです。

ハーバード大学MBAの卒業生を対象に、「将来の夢」についてアンケートをとったところ、次のような結果となりました。

  • 具体的な目標があり、明確な計画を立てている:3%
  • 目標はあるが、紙に書いたりはしていない:13%
  • 特に目標はない:84%

さらに、10年後にそれぞれの年収の推移を調査したところ、目標が明確だった3%の合計年収は、残り97%の合計年収より10倍高かったということがわかりました。

夢を明確にすることで、そうでない場合と比べて年収が10倍になる可能性があるということです。

受験勉強も同じで、自分の努力のベクトルが明確だからこそ頑張れるのであって、ただ「勉強を頑張れ」といわれても、決して頑張れないと思います。

夢の明確化は、努力をする上で非常に重要なことなのです。

ドリームマップは人生の目的地を明確にする。

ドリームマップの作り方の手順

紙と絵の具

ドリームマップの作り方の手順に正解はないですが、下記の流れで作成していくと作りやすいです。

  • 夢リストの作成
  • 夢の写真集め
  • マップに貼り付け
  • 文字や色で装飾

夢リストの作成

夢リストとはドリームマップと似ているもので、夢を箇条書きで作成するものです。

ドリームマップは主に「写真」を用いるのに対し、夢リストは「文字」で書かれることが多いです。(夢リストで写真を使用しても問題ないです。)

いきなり写真を用いてドリームマップを作成するよりも、まずは夢をリスト形式で書き出しましょう。

夢リストの作成方法にも注意点があるので、夢リストの作成は下記を参考にしてください。

[link url=”https://more-be.com/entry/dream-come-true/”]
[link url=”https://more-be.com/entry/dreamlist-template/”]

夢の写真集め

夢リストを書き出したら、次にインターネットや雑誌から夢をイメージできる写真を書き出しましょう。

ドリームマップは見てワクワクできなければ意味がないので、必ずカラーの写真を使用しましょう。

マップに貼り付け

集めた写真はマップに貼っていくのですが、まず初めにやることがドリームマップの中央に期限を切ることです。

夢は「いつかやりたい」では絶対に叶いません。

いつやるのか決めることが大切です。

[link url=”https://more-be.com/entry/decision-meaning/”]

中央に期限を決めたら、あとは好きな写真を、好きなように貼り付けていきます。

夢リストをたくさん描いた人は、全ての写真を貼り付けることは難しいと思うので、優先順位の高いものを貼り付けましょう。

グチャグチャしたものでも、スッキリしたもので、自由に貼り付けてください。何度も言いますが、ポイントは「ワクワクできるかどうか」です。

ドリームマップのサンプル例

ドリームマップを実際に描いた人のサンプル画像を用意しましたので、参考にしてイメージを膨らませましょう!

ドリームマップのサンプル1

ドリームマップのサンプル2

ドリームマップのサンプル3

好きな写真をどんどん貼りましょう。

最初から完璧を目指さない!

紙に書く女性

なんでもそうですが、いきなり最高のものを作ろうなんて思っていはいけません。

とりあえず作ってみて、重要なポイントを押さえて、少しずつ完成形に近づけていきましょう。

書き始めることが重要なので、まずは早速夢リストから作成していきましょう!

関連記事

【法人設立予定の方必見】自治体の制度を利用して法人設立費用が半額?「特定創業支援等事業」とは

株式会社・合同会社を設立予定の方、法人設立時にかかる費用を抑えられたら嬉しくないですか? 実は、そんな有難い制度を各自治体が行なっているんです! 「特定創業等支援事業」という制度で、自治体が定める規定回数以上の創業支援を […

1000人以上の女性起業家から学ぶ、起業して失敗する理由10選

「起業に興味はあるけど、失敗したらどうしよう、、、」 こんにちは、MORE美編集部の中澤です。 近年、日本は国を挙げて副業を推奨しており、そのせいもあって副業・起業に興味を持つ女性が増えているように感じます。 旦那の収入 […

ネットワークビジネスとは?時代と逆行する稼ぎづらい3つの理由

「ネットワークビジネスって実際稼げるの?」 知り合いに「ネットワークビジネス」というものを紹介され、「不労所得が得られ、世界を好きなように旅ができる」と話を聞き、若干怪しいと感じながらもネットワークビジネスについて調べて […

スタンディングデスクのメリット・デメリットを科学的に証明!高さや最適な時間、おすすめスタンディングデスク

「立って仕事をすると作業効率が上がる」なんて聞いたことないですか? 海外では国ぐるみで立ちながら仕事ができるスタンディングデスクを推奨しており、日本の企業もスタンディングデスクを取り入れ始めています。 「仕事が捗るなら使 […

「決断力」を磨くための「自分軸」の見つけ方と「相手軸」を考える力の身につけ方

日々、人生は2択の連続、「やる」か「やらない」か。 周りの人から見れば大したことない選択かもしれないが、自分にはとても大きな決断に思えて、なかなか決められず「自分には決断力がない」と思ってはいないでしょうか。 一方、世の […