MORE美女性の起業を応援するメディア。

|

「夫婦で時間と場所に縛られない生活をしたい」パーソナル管理栄養士・田中歩

「起業女子」という言葉を聞くと、いかにも「私仕事できます!」というギラギラしたオーラを前面に出している女性のイメージが強いです。

しかし、今回取材をさせてもらったパーソナル管理栄養士・田中歩さんは、”ギラギラ女性”とは対照的で、自分のペースを大切にして、会社員とフリーランスの二足の草鞋で活動している方でした。

パーソナル管理栄養士・あゆみが実践する「小さな起業」について、聞いていきたいと思います。

管理栄養士を目指したきっかけは自分の体験を伝えなければという使命感から

人形

現在、「管理栄養士」という立場で様々な活動を行なっていますが、そもそも管理栄養士を始めたきっかけはなんですか?

田中歩:高校生活の時のダイエットの失敗がきっかけです。

中学3年から高校1年生まで無理なダイエットをした結果、痩せすぎてしまい、そんな中で高校生活を自分なりに一生懸命すごしていたのですが、部活も勉強もプライベートも結果が何も出なくてすごい悔しくて、最終的には自分の体もボロボロになり、婦人科の医師からは「このままだと、子どもが出産できないカラダになる」とつげられました。

その時に、「自分のように無理なダイエットで体をボロボロにしてしまう女性はいっぱいいるんだろうな」と思い、この経験を生かさなければダメだという使命感が生まれたんです。

食に興味があったことと、親の「資格は絶対に取りなさい」という教えもあって、管理栄養士を目指そうと決意しました。

自分がしたい仕事は自分で作るしかないという理由でフリーランスを始める

あゆみさんのめも

その後、フリーランスという選択肢はどのようにして生まれましたか?

田中歩:フリーランスになりたい、と最初から思っていたわけではなくて、きっかけは就活でした。

企業説明会や大学の就活セミナーで、様々な企業、求人などをみるのですが、自分の体験を生かせるような仕事は当時ありませんでした。

今ない、ということはいずれ作らないといけない。そうすると独立して仕事を作らないといけないのかなと。

そこで、管理栄養士のフリーランスについて調べたのですが、ほとんどのフリーランスの方が会社や病院で何十年も勤め、人脈も作ってベテランになってから独立することが多かったのです。

何も経験してない人脈もない、新卒の私が就職もしないでフリーランスになるのはとてもリスクだし、まず何をしていいのかわからなかったので、やりたいことを仕事にするという夢だけは忘れないで、とりあえず就職はして経験しようと決めました。

最初は修行みたいな形でお勤めはするけど、誰かのもとで雇われながら何かをするというのは、いつかは卒業しようと思っていました。

その中で、就職先はどのような仕事を選んだんですか?

田中歩:高校生活の経験から、”予防医療”をテーマにして仕事をしたいと思っていたので、生活習慣病を患った患者様の健康についてちゃんと自分の目で見ておきたくて、病院で給食を作る会社に就職しました。

そのような食の現場を見て、アプローチをしることは、今後、私が食をツールにして動く上で欠かせないと思ったので。

最初の一歩の不安を取り払うコツは、「夢を口にだすこと」

イベント

田中歩:職場のことや、自分のライフプランのこともあり、フリーランスに繋がる一歩目を何かをやりたいと思って、イベントを始めました。

当時、シェアハウスに住んでいたこともあり、シェアハウスの栄養アドバイスをやりたいなと漠然と思っていて、それを友達に話したら「だったらやっちゃえばいいじゃん!私も手伝うよ」と後押しされて、シェアハウスで「あゆみ食堂」という名前でごはんづくりを始めました。

最初はとても不安でした。シェアハウスのイベントとはいえ、楽しくコミュニケーションを取れる自信もなかったので。

ただ、シェアハウスの住人に「イベントやろうと思ってるの」と話すと、「え、いつやるのいつやるの?」と、わーっと広まって、周りの後押しもあったけど、自分で「やります」と言い切ってしまったことで、引き下がれない状況になって、やりきれる環境が自然とできたかな(笑)

最初の一歩目こそ不安でしたが、一回やっちゃえばなんともなかったです。

その後は、友達が友達を呼んでくれたり、パーソナル栄養士の仕事の紹介をくれたりと、有難いことに全て紹介でお仕事を頂いております。

今も、プライベートの時間を大切にしながら、継続しています。

自分と家族の時間も大切にしたい

夫との写真

将来の夢・目標はなんですか?

田中歩:10時から15時まで働いて、あとはゆっくりご飯作って、子供と時間を過ごす生活が理想です。

ただ、毎日毎日それをやっていると私は飽きるので(笑)これが基本で、月に2回、3回ほど地方に行って仕事をしたいなって思います。

地方でいろんな人と会いたいし、子どもも連れていっていろんな環境をみせたいです。

パソコン、ライン、チャット、ビデオ電話など、どこでも仕事ができる自分を目指しています。

夫も同じような状態を目指していて、まだ細かいところは決めていないが、ゆくゆくは夫婦で、時間と場所に縛られない状態を目指したいです。

私のおすすめの本「未来食堂にきてください」

最後に、オススメの本はありますか?

田中歩:未来食堂を作った人が書いた「未来食堂にきてください」という本はオススメです。

何かはじめたいと思う方や、普段 会社などでお仕事をされている方でも使えるような本です。

何から始めたらよいのか、何をどのような段取りですすめたらよいのか、どのように伝えるとよいのかが、女性でもわかりやすく書いてあります

「まだ何もわからない!」という方は、読むととても参考になると思います!

関連する記事

この記事を書いた人

女性起業サポート

MORE美 編集部

女性のこれからの働き方を見つけるメディアです。 女性起業家セミナー、女性向け高品質な格安ホームページ制作を承っております。

女性の起業に役立つ情報を
お届けします

女性の夢の自己実現のサポートとして、起業・副業に役立つ情報を配信します。

  • 税金などのお金の知恵
  • 起業に役立つサービス・アイテム情報
  • 補助金最新情報

これから挑戦したいという方に必要な情報をお届けしますので、是非ご登録お願いいたします!

あなたにおすすめの記事

AD

新着情報

\ FOLLOW ME /