公開日:2019年03月24日 / 最終更新日:2019年05月19日

貯金に失敗続ける人でも貯金が必ずできる「貯金自動システム」

「今年こそは将来に向けて100万円貯めるぞ」と意気込んでいる方、きっと意気込んでいるうちは貯金はできないと思います。

貯金ができない理由を人間の心理学から分類すると、3つの理由に分けられます。

  • 都合よく解釈する
  • 「ウィルパワー」には消耗されていく
  • 「どうでもいいや」効果

つまり、3つの理由を解決することができれば貯金をすることはさほど難しいわけではなく、3つの理由を解決する方法が「貯金自動化システム」なのです。

「貯金自動化システム」はお金もかけずに行うことができるので、今の自分がなぜ貯金ができないのかをしっかりと認識したうえで、貯金ができるシステムを構築しましょう。

貯金ができる人の考え方は「収入-貯金=支出」

手の上にぶたんお貯金箱

「何を当たり前のことを!」と思われるかもしれないですが、多くの方は「収入-支出=貯金」という考え方で行動しています。

「収入-貯金=支出」と「収入-支出=貯金」、大きな違いはないように感じますが、「余ったお金で貯金しよ」という考え方だと一生貯金できない理由を、人間の心理学の観点から3つの理由をご紹介します。

人間の心理学からわかる「収入-支出=貯金」だと貯金ができない3つの理由

人間の頭の中

「収入-支出=貯金」の場合、強い意志力を要します。

いつでも使える状態のお金があるということは、「意思」によって「支出」をコントロールする必要があるのですが、この「意思」によるコントロールが難しい理由が3つあります。

将来を都合よく解釈する

欲しいモノがあったときに人は松籟を都合よく解釈します。

例えば、どうしてもほしい財布があった場合に、「お金持ちは長財布を持っていると聞くし、少し高いけど将来のお金が増えるなら買っちゃお」などという解釈です。

将来好転するといった都合のいい解釈をし、結果としてお金を使ってしまいます。

「ウィルパワー」は消耗されていく

支出をコントロールするには意思決定力である「ウィルパワー」によってコントロールするのですが、ウィルパワーは1日の中で朝が最も強く、仕事などで徐々に消耗していきます。

ウィルパワーによって朝は強い意志を持っていたとしても、消耗されている状態で夜の付き合いに誘われ、さらにアルコールを摂取してウィルパワーで理性をコントロールできなくなり、本来使うはずのないお金を使ってしまうのです。

どんなに強靭な意思を持っていたとしても、1ヶ月継続してウィルパワーを維持し続けることは現実的に難しいのです。

「どうでもいいや」効果

1ヶ月の間で、例えば1日の支出を1,000円に抑えようという計画を立てた時、上記2つの理由から計画的に行くことはなく、どこかで計画倒れしてします。

計画倒れした日の支出を他の日で補えればいいのですが、一度計画倒れをしてしまうと「もうどうでもいいや」と考えるようになってしまい、来月から貯金しようという発想になります。

これはダイエットなどでも同じで、1日でも自分が決めたことができないと諦めてしまうのです。

貯金をするために重要なことは意思決定をなくす「貯金自動システム」を構築する

システム

貯金を自分の意志で行うことが人間の心理学的に難しいことから、貯金をするには「システム化」することが重要になります。

そして、無料で自動貯金システムを構築する方法があり、それが「住信SBIネット銀行」を活用した方法です。

住信SBIネット銀行はインターネットバンクで、「定額自動振込」機能を活用すると決まった日に自動で振り込むことができるのです。

つまり、給料の振込先を住信SBIネット銀行に変え、住信SBIネット銀行から貯金用の口座に振り込むよう設定を行えば、意思決定をなくして「収入-貯金=支出」の仕組みができます。

住信SBIネット銀行の「定額自動振込」機能は無料で使うことができ、かつ住信SBIネット銀行は月3回まで振込手数料が無料なので手数料の節約にもなります。

インターネットバンクはハッキングのリスクはないの?

結論から言うと、定期的にパスワードを変えていれば問題ありません。

住信SBIネット銀行のサイトにログインすると、1ヶ月に1回ほど「パスワード変更のお願い」が表示されます。

住信SBIネット銀行

万が一ハッキングされた場合も、定期的にパスワードの変更を行っていれば運営会社である住信SBIネット銀行株式会社が保障してくれます。

「パスワードの変更を1ヶ月に1回おこなうのは面倒」と思われるかもしれないですが、これからの時代は全てネットで完結する時代に入るため、パスワード管理は必須な作業になります。

パスワードになれるという意味でも、住信SBIネット銀行から始めてみるのもいいかと思います。

まとめ

貯金をする最も最適な方法は「貯金をする」という意思をなくすことで、何も考えずに自動で貯金が行われる仕組みを構築することが重要です。

「今年は貯金をするぞ」という方は是非住信SBIネット銀行を活用していきましょう。

関連記事

仕事を外注している方必見!知らないと損する個人事業主の源泉徴収の基礎知識

個人事業主として活動し外注等に仕事を依頼していた時に、「源泉徴収はしなくていいのでしょうか?」という質問をされ、改めて源泉徴収って何だろうと疑問に感じたことはないのでしょうか。 源泉徴収は従業員を雇った時だけでなく、従業 […

間違いない夢リストの書き方はたった3つのポイントを気をつけるだけ

夢 リスト 書き方 「夢リストを書くと夢が叶う」 書くだけで夢が叶ってしまうという、嘘のような魔法のアイテムが「夢リスト」。 「本当に叶うの?」と疑問視する人も多いですが、ハーバード大学の卒業生を対象にして行った実験で、 […

頑張り続けられる身体になる、たった1つのコツ~眠る前編~

ちゃんと寝てるはずなのに疲れが取れない…朝起きるのが億劫だ…もっと元気に頑張りたいのに身体がついてこない… もしかしたら自律神経が乱れているサインかも!自律神経が整えば、もっと楽に楽しく頑張り続けられます☆ 今回は私のバ […

ギブアンドテイクでギブばかりして疲弊している貴方へ贈る、正しいギブの法則「5分間の親切」

もし、誰かに与えすぎて疲弊している方がいれば、是非この記事を読んで欲しいです。 何かを与えることは大切ですが、与えすぎることは必ず身を滅ぼします。 ギブアンドテイクという言葉の意味を「与えることが先」と教わり、まさに実践 […

女性の起業でおすすめなビジネス5選!起業を成功に導く3つの行動パターンとは

「起業」という言葉が身近になり、個人でも起業する人が増えている一方、起業に関しての情報が行き届いていないのも事実です。 知り合いで起業している人もほんのわずかで、気軽に相談できる人がいなかったりというケースが多いです。 […