公開日:2019年05月19日 / 最終更新日:2019年05月19日

周りに悪影響を与えずに「人間関係を切る技術」

「あの人とは絶対に合わない!」

生きていく中で、性格的に絶対に合わない人は必ず現れます。

一緒にいるとストレスを感じるし、できれば人間関係を切りたい、、、

そんな方のために、周りに悪影響を与えずに人間関係を切る技術をお伝えしようと思います。

人間関係を切りたければ、相手に「不義理」をさせろ

女性の横顔

結論から言うと、人間関係の正しい切り方は「相手に不義理をさせる」ことです。

理由もなく人間関係を切るのは難しいですが、正当な理由があれば人間関係を切ることができます。

そこで、相手に不義理をさせ、人間関係を切る口実を作ることで、誰にも悪影響を及ばさずに人間関係を切ることができるのです。

ストレスは諸悪の根源

暗闇にいる女性

人間関係を切るために不義理をさせる、と聞くと少しブラックに聞こえるかもしれないですが、ストレスを抱えることの方が圧倒的に悪影響です。

ストレスによる身体への悪影響は、下記のようなものが挙げられます。

  • 免疫力低下
  • 肥満
  • 不眠
  • 老化
  • 集中力低下

ストレスを抱えた状態で仕事をすると、集中力が続かず、ミスも増えます。

つまり、ストレスを抱えた状態で一緒にいることは、自分だけでなく相手にも悪影響を及ぼす可能性があるのです。

表現こそ過激ですが、ストレスを感じるどの人間関係は切った方がお互いのためです。

不義理しやすい2つの「約束」

南京錠

では、具体的にどのようにして不義理をさせるのでしょうか。

最も効果的な、不義理をさせる方法が、

  • お金
  • 時間

に関しての「約束」をすることです。

お金

お金の貸し借りは、最も不義理が起こりやすいです。

期限を決めないでお金を貸した場合、それについて自分から言及しなければ、ほとんどの場合は「音信不通」になり戻ってきません。

お金を失いますが、長い人生を考えたら、不必要な人間関係を切る方が賢明です。

時間

あえて約束の時間を早朝に設定して、遅刻させて不義理させる方法もあります。

「この人と一緒にいるとストレスを感じる」のであれば、あえて約束の時間を早朝に設定して、遅刻させるのです。

朝の時間は、寝坊や乗り物の遅延など、遅刻をする理由がてんこ盛りなので、遅刻する可能性が高いです。

切るべき人間関係と、続けるべき人間関係

手を繋ぐ

自分が嫌いだから、自分が好きだからといった安易な理由で人間関係を切るべきではありません。

切るべき、続けるべき人間関係の定義がそれぞれ存在します。

切るべき人間は「奪う人」

人間には3種類のタイプがあります。

  • テイカー:自分の利益を優先する人
  • マッチャー:自分の利益と相手の利益が五分五分な人
  • ギバー:相手の利益を優先する人

この中で、最も厄介なのが「テイカー」であり、自分の利益ばかり優先して行動する「自己中」な人です。

このテイカーとは一緒にいても「損」することの方が多いので、人間関係を続ける必要はありません。

すぐに縁を切りましょう。

[link url=”https://more-be.com/entry/7101/”]

続けるべき人間は「信じてくれる人」

自分のことを信じてくれる人とは、人間関係を切ってはいけません。

「信用」は、決して簡単に手に入れるものではありません。

長い年月、不義理なく人間関係を継続することで築くことができる、最も大切な資産です。

もし、あなたを信じてくれている人がいるのであれば、その人間関係は大きな資産ですので、絶対に切ってはいけません。

人間関係を切ることは簡単だが、信用を築くことは困難

子どもがジェンガで依頼している

相手に不義理をさせることで、周りに悪影響を与えずに人間関係を切ることができます。

しかし、気をつけなければいけないのは、それほど信用というものは繊細で、一瞬で崩壊してしまうものだということです。

人間関係を切ることよりも、人間関係を築くことは遥かに困難です。

自分自身が、人間関係を切られないように、不義理は絶対にしないようにしましょう。

関連記事

生命保険に加入する前に知って欲しい9割の人が知らない2つの公的保証制度

「万が一あった時に、、、」 一生のうちに一回くらい生命保険の営業マンから聞いたことがある言葉だと思いますが、「万が一」の時に本当に生命保険は必要なのでしょうか。 生命保険の月々の支払いは数万円ですが、保険料の総額を計算す […

1000人以上の女性起業家から学ぶ、起業して失敗する理由10選

「起業に興味はあるけど、失敗したらどうしよう、、、」 こんにちは、MORE美編集部の中澤です。 近年、日本は国を挙げて副業を推奨しており、そのせいもあって副業・起業に興味を持つ女性が増えているように感じます。 旦那の収入 […

初心者向け!寄附金控除を受けるためのふるさと納税の手続きの流れ

平成21年度から始まったふるさと納税の寄附金税制制度ですが、年々注目を集め、平成30年では2,447億円を超えるほど注目を集めています。 多くの方が有効活用しているふるさと納税の寄附金控除ですが、「手続きが複雑そうだから […

主婦になってから起業し成功を収めた経営者9人

「何か新しいことにチャレンジしたけど、子どももいるしなぁ、、、」 結婚し、主婦になってから新しいことに挑戦するのに勇気がいります。 しかし、そんな状況でも大きな成功を収めている主婦経営者もいます。 そんな主婦経営者10人 […

女性の新しい働き方「プチ起業」とは?今すぐにでもできる副業の始め方

「プチ起業」という言葉をご存知でしょうか? 副業や在宅ワークのような形で、ハンドメイドアクセサリーやインターネットショップを開いたり、カフェをやったりと、様々な形で自分の好きなことで小さく起業するスタイルとをプチ起業と呼 […