公開日:2018年08月24日 / 最終更新日:2019年05月19日

起業したい女性に贈る今から実践すべき成功者の3つの習慣

「いつかは起業したい」そう考えているあなたに向けて、成功するために重要な3つの習慣をお伝えします。

多くの経営者とお会いしていく中で見えた、能力ではない習慣で重要な3つの要素です。

意識すればできることなので、今のうちから癖をつけておきましょう。

GIVE&GIVE&GIVEの精神

手のひらにお花が乗っている

世界No.1ビジネススクール・ペンシルベニア大学ウォートン校で史上最年少終身教授となったアダム・グラント著書『
GIVE & TAKE「与える人」こそ成功する時代』という本が一時期話題になりましたが、その本の中で人間は3つのタイプに分かれると述べられています。

  • ギバー(与える人)
  • テイカー(受け取る人)
  • マッチャー(与え、受け取る人)

見返りを求めるのではなく、ただただ与え続けられる人が真の成功者になるという話で、そのギブが巡り巡って返ってくるというものです。

「情けは人の為ならず」という言葉がありますが、これを多くの人は「相手にために何かをすることは、相手のためにならない」という意味だと誤解している人が多いですが、それは間違いです。

本当の意味は、「人に親切にすれば、その相手のためになるだけでなく、やがてはよい報いとなって自分にもどってくる」という意味なのです。

さらに、ホリエモンの著書『バカは最強の法則~まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方~』でも、GIVE & GIVEが重要という話も述べられいます。

信用を得るためには、相手と「ギブ&テイク」という関係を築くだけでは足りない。「ギブ&ギブ」、おまけに「ギブ!」くらいの気構えが必要だ。相手に惜しみなく与える。

見返りなど期待せず、相手の想像をはるかに超える何かを与えることこそが、信用を得る近道だ。

人生においても何ら変わりはない。

今後、あなたが起業するにあたり、必要になるのは周りの強力です。

友人・知人、親族や夫などの力が必要になる時がきます。

そんな時に、「あなたなら協力するよ」と言われるように、GIVEにGIVEを重ねて、信頼を集めておきましょう。

相手の立場に立つこと

考えている女性

起業する際に最も考えなくてはいけないことは、相手の立場に立つことです。

商品やサービスを作成したり購入したりするのはいつも”人”です。

  • どうしたらスタッフが楽しくできるのだろうか
  • どうしたらユーザーはもっと利用してくれるのだろうか

社内で内部崩壊するのも、クライアントが商品やサービスを買ってくれないのも、いつも”自己中”だからです。

以前、島田紳助氏が元餃子の王将社長・隆行氏と、深イイ話で次のように語っていました。

商売失敗してる人のほとんどは自分の勝手やねん。

「こんな美味いものなんで売れへんねん」って自分で勝手に美味いと思ってるこっちの勝手。

全て相手の立場に立ち、自分にベクトルを向けられるかどうかが重要ということです。

相手の立場に立つということは、能力ではなく訓練でできることなので、常日頃から意識して行きましょう。

自分のビジョンを語る

大勢の前で語る

テレビやインターネットで大成功を収めた経営者が自分の想いを熱く語っていますが、このビジョンを語るという行為が非常に重要です。

ソフトバンクグループ株式会社代表取締役・孫正義氏が、アルバイトが2人しかいない創業間もない24歳の頃に「豆腐屋が一丁二丁と豆腐を数えるように、会社の売上も一兆二兆で数える会社を作ろうう」という目標を言葉にして掲げていたそうです。

ビジョンとは結果どうなるかわからないが、自分たちはどこに向けて走っているのかの意思表示だということです。

最初は信用されないですが、同じことを言い続け、やり続けることで、周りからの信頼を集めることにも繋がります。

結果はどうであれ、今自分が何を目指しているのかは、常日頃から言葉にする癖をつけましょう。

人生で最も若い日は今日

日差しの中に女性がいる

最後に、「いつかは起業したい」の”いつか”は絶対にきません。

そして、人生で最も若い日は今日です。

お金が足りないのであれば、クラウドファンディングを活用したり、銀行や日本政策金融公庫で借りてしまいましょう。

今あなたに最も必要なのは、一歩踏み出す勇気です。

人生で最も若いこの一瞬から、できることから一歩ずつ踏み出しましょう。

関連記事

自転車保険の保険料安いランキングと自転車保険よりもおすすめな個人賠償責任保険とは

ここ数年、自転車事故が相次ぎ、それに伴い高額な賠償問題と発展するケースが社会問題となり、各地域で自転車保険への加入が義務化される動きが進んでいます。 ただ、自転車保険は今までなじみがなく、正しく理解していない方も多いと思 […

自転車保険とは?実態と自転車保険に入らずに補償をカバーする2つの方法とは

2013年、自転車事故により1億円の賠償命令が行われたのをご存知でしょうか? 他に数千億円の自転車事故は後を絶たず、自転車事故の件数も2000年と2010年を比較すると、交通事故総件数は約2割減少しているのに対し、自転車 […

自転車保険家族型保険料安いランキング!保険料を5分の1にする方法とは

近年、自転車事故が多発しており、それに伴い自転車保険の必要性を感じる方も増えたと思います。 自分自身だけでなく、おばあちゃんや子どものことも考えるとなると、それぞれ個人で加入するよりは、家族型で加入したほうがお得になりま […

自転車保険ランキングよりも知っておくべき「個人賠償責任特約」とは

全国各地で自転車保険の義務化が始まり、自転車事故による高額賠償問題が起こる中で、自転車保険への加入を検討し、自転車保険のランキングを調べたりしていないでしょうか? 結論から言うと、自転車保険は不要なので、ランキングを見る […

給料をもらっていない年金受給者もふるさと納税を活用できるの?

ふるさと納税は節税効果が非常に高い制度ですが、年金受給者の場合はどうなるのでしょうか。 年金は大きく分けて「公的年金」と「私的年金」がありますが、それぞれでふるさと納税が活用できるのか見ていきたいと思います。 ふるさと納 […