MORE美女性の起業を応援するメディア。

|

エジソンの名言「天才とは、1%のひらめきと99%の努力である。」を、みんな誤解している

「天才とは、1%のひらめきと99%の努力である。」

アメリカの発明家、トーマス・エジソン氏の名言。きっとあなたも一度は聞いたことがあると思う。

そして、きっと「努力は大切だよ」という意味で教えられたと思う。

確かに、エジソン氏は他の技術者よりも圧倒的な多作家だ。特許を取った発明だけでも1,093件もある。個人の数字としては、異常な数字だ。

努力の大切さを説いてもおかしくないほど、努力家である。

しかし、エジソン氏が伝えたかったメッセージは、「努力の大切さ」ではなく、「1%のひらめきの重要性」だった

天才になるには「1%のひらめき」がなければ、「99%の努力」が無駄になる

電球

エジソン氏は、のちの会見で次のように発言している。

「私は1%のひらめきがなければ99%の努力は無駄になると言ったのだ。

なのに世間は勝手に美談に仕立て上げ、私を努力の人と美化し、努力の重要性だけを成功の秘訣と勘違いさせている」

引用:NEWS ACT

努力を重ね続けてきたからこそわかる、天才として結果を出すためには、努力だけでは片付けられないことがあるということだ。

一生懸命やったから結果が出るわけではない。努力は平気で裏切る。

「99%の努力は無駄になる」この言葉は、エジソン氏が身を以て体感したからこそ出る言葉なのだろう。

「1%のひらめき」を得るためには、1万通りのうまくいかない方法を試す

複数の実験

「1%のひらめき」が大切なことはわかった。

しかし、1%のひらめきはどのようにして生まれるのか、エジソン氏の言葉を借りると次の答えになる。

「1万通りのうまくいかない方法を試す。」

努力は平気で裏切るし、ほとんどの努力は報われない。

しかし、努力でしか、1%のひらめきは生まれない。1万回の努力の先に、1%のひらめきがある。

量が質を生む

沢山の紙切れ

量をこなすことによって、見えてくる世界がある。

ビートルズも、ピカソも、手塚治虫も、秋元康も、同じ業界の誰よりも手を動かしてきた。だから、不朽の名作がある。

「天才とは、1%のひらめきと99%の努力である。」でエジソン氏が言いたかったことは、1%のひらめきが重要だということだ。

だが、1%のひらめきを得るためには、途方もない”駄作”を作り、うまくいかなかった方法を試すしかない。

量こそが質を生む。

この記事を書いた人

女性起業サポート

MORE美 編集部

女性のこれからの働き方を見つけるメディアです。 女性起業家セミナー、女性向け高品質な格安ホームページ制作を承っております。

女性の起業に役立つ情報を
お届けします

女性の夢の自己実現のサポートとして、起業・副業に役立つ情報を配信します。

  • 税金などのお金の知恵
  • 起業に役立つサービス・アイテム情報
  • 補助金最新情報

これから挑戦したいという方に必要な情報をお届けしますので、是非ご登録お願いいたします!

あなたにおすすめの記事

新着情報

\ FOLLOW ME /