間食女子がダイエットを制す!食事アドバイス編

こんにちは、
管理栄養士の田中あゆみです(^^)

前回は間食をすると痩せやすくなる、
そして以下の3つのポイントをお話しました。

① 「血糖値を安定させる」ことで痩せやすいカラダをつくる。
② 間食は甘いおやつではなく「たんぱく質」
③ 仕事の時間が長い人は15時~16時に間食をとる。

今回はこれに基づいて
実際にどのようにして食事をとれば良いのかを

例を出してアドバイスしていきます。

間食女子がダイエットを制す!

食事アドバイス編

ある女性の方の食事例をだしますね。

朝食:コーヒー、サンドイッチ
昼食:パスタ、サラダ、紅茶
間食:チョコレート
夕食:春雨スープ

この特徴として
・糖質の割合が多く、タンパク質が少ない傾向にあります。

 

糖質が入っても急上昇し、すぐ減少。

そのあと仕事や家事をやりこなす
糖が血管にない状態になるので
すぐにエネルギーになるものが
ない状態。

やる気や集中力が
とぎれやすくなります。。

この食事内容を血糖値が
安定する食事にするならば

まずは
「タンパク質のもととなる食材」を取り入れます!

目安 1食 総量100gくらいの
肉、魚、卵、大豆類の食材は取ると良いでしょう(^^)

そして 効率よくタンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維をとる食事内容にするなら

下のように追加してみてはどうでしょう??

↓↓↓

朝食:☆豆乳ラテ、サンドイッチ、ゆで卵
昼食:パスタ、☆鶏肉と野菜のサラダ、☆野菜のスープ
間食:☆鮭おにぎり1個+☆ゆで卵1個
夕食:☆白飯、☆豚汁、☆ほうれん草のおひたし、☆かぼちゃの煮物

こちらのアドバイスは例ですが、

このようにまずは変えてみると良いです。

 

まだ食事の改善に余力があれば

 

そしてもうワンステップ!!

食事を和食中心にしてみましょう(^^)

↓↓↓

朝食:白飯、納豆、わかめと豆腐のお味噌汁

昼食:豚の生姜焼き定食(豚生姜焼き、お野菜の料理1〜2品、ごはん、味噌汁)

間食:ゆで卵、おにぎり1個

夕食:白飯、具沢山の豚汁、焼き魚、
☆ほうれん草のおひたし、☆かぼちゃの煮物

 

今回の食事例のポイント
「タンパク質」を意識してとることと

さらに

・糖質+タンパク質の組合わせ
・具沢山の味噌汁やスープをとり、野菜の摂取量をあげる(ミネラル、色々なビタミン、食物繊維をとる)

この2点もおさえて食事をとると

血糖値を安定させるだけでなく
ストレスからカラダを修復したり
きれいな肌や髪にする代謝が
促されやすくなります(^^)

今回は具体的な食事の改善例
をもとにお話させて頂きました。

 

まずはできることから3日、1週間、1ヶ月と

継続してみましょう^^

\ この記事を大切な人に届ける /

起業のお金周りについて相談したい!

MORE美ではより多くの女性の挑戦を支えるために、お金の専門家であるファイナンシャルプランナーのサポートを無料で提供しております。
全国20地域に支店がありますので、まずは気軽にご相談くださいませ。

LINEで無料相談
人の画像