公開日:2019年05月23日 / 最終更新日:2019年05月23日

副業は難しくて当たり前!副業で稼ぐために持っておきたいマインドセット5選

「少しでも収入が増えたら嬉しいな、、」という理由で副業を始める人がいますが、恐らくほとんど場合は稼げずに終わってしまうと思います。

理由はシンプルで、あなたが副業として取り組んでいる仕事を、本業として全ての時間を注いで本気で取り組んでいる人がいるからです。

仕事に使える時間も、仕事に対しての熱量も全て負けている状態で、気軽に稼げるほど副業は甘くありません。

これから副業を始めて、少しでも収入を増やしたいと思っているあなたに、副業で稼ぐためのマインドセット3選をお伝えしようと思います。

「楽に稼げればいいや!」という考えは、今すぐ捨てましょう。

お金の流れ = 感謝の流れ

thanksと書かれた紙

副業を始める上で考えて欲しいのが、お金とは「感謝」であるということです。

つまり、あなたの副業によって感謝してくれた人がどれだけいるかで、収入が決まるということです。

そのため、中途半端な気持ちで始めても、収入が増えるどころか、恨みを買うことさえあります。

もし、あなたが副業を始めるのであれば、最低限下記の問いに答えられるようにしておきましょう。

誰の、何を、どのように解決するのか

ただ商品やサービスを売るという発想ではなく、商品やサービスによって、誰をプラスにするかが大切です。

副業で稼ぐために持っておきたいマインドセット5選

ヨガのポーズ

副業で稼ぐと決めたのであれば、必ず持っておきたいマインドセット5選がこちらです。

  • 決断する
  • できる理由を探す
  • スタンスを高く持つ
  • 圧倒的な量が質を生む
  • 結果 = 考え方 × 熱意 × 能力

1つずつ、説明していきます。

決断する

副業をすると「決めた」のであれば、あらゆるものを「断ち」ましょう。

副業を始めると最初に出てくる問題が「時間がない」ということです。

人間は皆等しく24時間持っており、睡眠時間が6時間、会社員の時間が8時間だとすると、残りの時間は10時間です。

もし、本気で副業で稼ぎたいと思うのであれば、この10時間をできる限り副業の時間に充てるため、今やっている趣味や遊びの時間を「断ち」ましょう。

副業は、片手間で稼げるほど甘い世界ではありません。

時間は有限なので、何を捨てるかで副業の結果は大きく変わります。

自分の目標に対して、あらゆるものを「断ち」ましょう。

できる理由を探す

「副業する時間がない」と言いますが、この発言が出る時点で間違っています。

副業で結果を出す人と、副業で諦めて失敗する人の考え方がこちらです。

【 副業で結果が出ない人 】

「残業する時間がない。」

【 副業で結果を出す人 】

「残業する時間を確保するためにはどうしたらいいんだろう。」

発想の方法は、常に「どうしたらできるんだろう」と、できる理由を探すことです。

できない理由を探そうと思えば、いくらでも見つかります。

できる理由を考える癖を持ちましょう。

普通を極める

副業の最大のリスクは「誰にも怒られないこと」です。

例えば、下記のことを会社員の仕事中にやったら怒られると思います。

  • 仕事中にスマホをいじる
  • 業務が全く進まない
  • 勤務時間を遅刻する

しかし、上記のようなサボりを副業中にやっても誰も注意してくれません。

副業を始めるのであれば、まずは会社員としての普通を極めましょう。

圧倒的な量が質を生む

質を大切にすることは大前提で、その中で量をこなすことを意識しましょう。

大切にしてほしいことが、まずは量をこなすことです。

自分でお金を稼ぐということは、レールのない道を歩くことです。360度自由に進める中で、最初から正解の道を嗅ぎ分ける嗅覚は備わっていません。

そのため、最初にすべき行動は不正解の道を数多く歩き、成功に少しでも近づくことです。

作家として世界的に有名なパブロ・ピカソは、ギネスにもなるほど多作な作家として有名です。

圧倒的な量をこなしたことで研ぎ澄まさた能力が開花し、たった数枚が世界的ヒットになっているだけなのです。

まずは脇目も振らず、数をこなしましょう。

結果 = 考え方 × 熱意 × 能力

京セラの創業者・稲盛和夫氏が掲げる「人生の方程式」です。

この中で最も重要なのが、「考え方」です。

「熱意」と「能力」に関しては、0〜100なのに対し、「考え方」だけは「-(マイナス)」があるのです。

つまり、どんなに強い想いを持ったとしても、どんなに素晴らしい能力があったとしても、考え方がマイナスであれば、結果はマイナスの方向に進んでしまうのです。

結果を出すためには、小手先のテクニックではなく、人間の行動の根源である考え方を学ぶことが大切なのです。

副業と呼ぶのは辞めよう

「副」という言葉が、どこか軽いものにしているような気がするので、「複業」という文字を使うようにしましょう。

会社員と同等か、それ以上の気持ちで取り組むことが、結果を出すためには必要です。

軽い気持ちではなく、真剣に複業に取り組みましょう。

関連記事

在宅可!主婦でもできる副業で英語を活かして稼ぐ方法4選

子どもの頃、親の転勤で英語圏に住んでいた経験や、学生時代の留学の経験で英語を身につけたが、大人になってからというもの英語を使う機会が減り、せっかく身につけたんだから何かに有効活用したいと思っている方も多いと思います。 副 […

エジソンの名言「天才とは、1%のひらめきと99%の努力である。」を、みんな誤解している

「天才とは、1%のひらめきと99%の努力である。」 アメリカの発明家、トーマス・エジソン氏の名言。きっとあなたも一度は聞いたことがあると思う。 そして、きっと「努力は大切だよ」という意味で教えられたと思う。 確かに、エジ […

夢リストテンプレート【ダウンロード可】

「夢リストってどうやって書けば良いの?」という方のために、ダウンロード可能な夢リストのテンプレートを作成しました! しかし、テンプレートをダウンロードする前に、夢リスト作成の2つの注意点をお伝えしておきます。 夢リストは […

副業の4つの税金の種類と所得税の計算方法とは?副業はばれるの?

会社員の方が、給与以外で年間の所得(収入-経費)が20万円を超えた場合、自分で確定申告をして納税する義務が発生します。 しかし、学校で税金の勉強をすることはなく、給料に対しての税金は会社が手続きや計算をしてくれるため、副 […

スタンディングデスクのメリット・デメリットを科学的に証明!高さや最適な時間、おすすめスタンディングデスク

「立って仕事をすると作業効率が上がる」なんて聞いたことないですか? 海外では国ぐるみで立ちながら仕事ができるスタンディングデスクを推奨しており、日本の企業もスタンディングデスクを取り入れ始めています。 「仕事が捗るなら使 […