公開日:2019年05月20日 / 最終更新日:2019年05月20日

夢に近づくための行動を計画する「作業量計画」

夢・目標から逆算して1ヶ月で具体的に何をするか、その計画が「作業量計画」です。

作業量計画で重要なポイントは下記3つです。

  • 最小単位まで分解する
  • 必ずやり切る
  • やり切った先に夢があると信じる

それでは、作業量計画について詳しく見ていきます。

作業量計画は最小単位まで分解する

最小単位

作業量計画は、これなら絶対にできる、という状態まで具体的な行動を計画する必要があります。

「10人と商談する」、これは作業量ではありません。目標です。

「10人と商談する」を最小単位まで分解すると、下記のような行動に分解できると思います。

  • テレアポ
  • 飛び込み営業
  • 異業種交流会に参加する
  • 紹介してもらう

「10人と商談する」では本当に商談できるかどうかはわからないですが、「1000人にテレアポをする」であれば必ずできます。

これが、最小単位まで分解する、ということです。

【 悪い作業量計画 】
→ できるかどうかわからない作業量

【 良い作業量計画 】
→ 最小単位まで分解している作業量

自分で決めた作業量は絶対にやり切る

夜遅くまで作業をする女性

作業量は絶対にやり切りましょう。理由は、「自信をつけるため」です。

自分で決めた作業量をやり切ることで自信に繋がり、自信がさらにやる気を育み、好転していきます。

逆に、作業量が未達だと自己嫌悪に陥り、やる気をなくして怠けてしまうという悪循環が起きます。

【作業量未達の悪循環】

作業量未達 → 自己嫌悪に陥る → やる気をなくす → 作業量未達

作業量をやり切れるかどうかで、正反対の効果が働くので、何が何でもやり切りましょう。

作業量と夢が直結している

一本道

作業量は夢に直結していることが大切です。

夢・目標を叶えるということは、普通の人以上にしんどくて当たり前です。

何度も、怠けたい葛藤と戦うことになります。

このしんどい状況で踏ん張れるかは、この作業をやり切ったら夢に近づくんだと思い込めるかどうかです。

自分が思い込める作業量を計画しましょう。

作業量をやり切るための3つの工夫

やり切る

夢に直結した作業量計画をやり切ることが重要だということはわかったが、「やり切る」ためには工夫が必要です。

人間は根本的に「怠け者」であり、一人だとすぐにサボります。

そんな怠け者の自分を奮い立たせて、やり切らないと夢は叶いません。

そこで、怠け者でもできる「作業量計画をやり切るための3つの工夫」をご紹介します。

記録をとる

すぐに始めてほしい工夫が「毎日の記録をとる」という工夫です。

記録を取ると、下記2つの効果を得られます。

  • 自分を客観的に見れる
  • 成長を感じられる

自分を客観的に見るとどうなるかというと、自己コントロール能力が高まります。

2015年1月に行われた実験で、被験者を2つのグループに分けて食事をしてもらいました。

  • 鏡の前で食事をするグループ
  • 普通に食事をするグループ

その結果、鏡を前にして食事をしたグループは、そうでないグループに比べ、1/3のカロリーの食事を摂取した。

引用:メンタリスト・Daigo

客観的に見ることで、自分が今何をしなければいけないのかを思い出させ、行動を是正させることができます。

また、記録の変化を見ることで、自分が成長していることを実感できます。

変化を感じることは、やる気に直結します。

ハーバード大学テレサー・アマビール教授が行った実験で、7つの会社から238人のビジネスマンを対象にして、毎日のやる気の変動を12000時間記録し続けた結果、自分にとって必要な仕事が前に進んでいるという感覚がある人が、最もやる気が上がっているということがわかった。

[link url=”https://more-be.com/entry/7025/”]

記録を取る回数に関しては、取る回数が多ければ多いほど、目標達成に近づくそうです。

最低でも、1日1回は記録を取るようにしましょう。

目標を宣言する

目標を誰かに宣言することで、自分を追い込む原動力になります。

スポーツ選手や経営者が、とんでもない目標を宣言して、「ビッグマウス」と言われますが、スポーツ選手や経営者は自分が怠け者だということを理解した上で、あえて大口を叩いて自分に葉っぱをかけているのです。

目標を宣言してしまい、逃げられない環境を作りましょう。

ピアプレッシャーを活用する

ピアプレッシャーとは「同調圧力」のことで、周りの人に合わせてしまう人間の修正です。

これを利用して、意識が高そうな人が多い環境に身を置いて、自分を追い込むのです。

逆に、ゆったりした雰囲気の中で仕事をすると、自分もゆったりと仕事をしてしまうので注意しましょう。

[link url=”https://more-be.com/entry/6999/”]

小さな一歩からでしか、夢に近づくことはできない

歩く

人生で一発逆転はありません。

夢を叶える方法は、小さな一歩を積み重ねるしかありません。

ワクワクする夢に向けて、毎日しっかりと作業量を達成していきましょう。

関連記事

女性の起業でおすすめなビジネス5選!起業を成功に導く3つの行動パターンとは

「起業」という言葉が身近になり、個人でも起業する人が増えている一方、起業に関しての情報が行き届いていないのも事実です。 知り合いで起業している人もほんのわずかで、気軽に相談できる人がいなかったりというケースが多いです。 […

挑戦に対する批判の声は「成長痛」

何か新しいことにチャレンジすると必ず現れる「批判」。 「出る杭は打たれる」日本だからこそ、挑戦と批判は表裏一体の関係であり、何か新しいことに挑戦すれば必ず一度は批判を受ける経験をするでしょう。 「自分がやっていることは間 […

副業の確定申告が全くわからないあなたが読むべき副業の税金知識

将来の生活のために、また今後独立を考えていて、そのための準備として副業を始めたと思いますが、いざ副業で収入が発生すると「税金ってどうするんだろう?確定申告はやらなきゃいけないのかな?」と疑問に持つと思います。 実際に学校 […

商売の基本は「モノを売る」ことではなく「信用を集める」こと

「商売とは何ですか?」という設問に対し、明確な答えを持っていますでしょうか? これから起業して、商売を始めようとしているが、改めて「商売とは?」を考えてみると、答えが出ない方も多いと思います。 しかし、「商売の基本」をし […

副業は難しくて当たり前!副業で稼ぐために持っておきたいマインドセット5選

「少しでも収入が増えたら嬉しいな、、」という理由で副業を始める人がいますが、恐らくほとんど場合は稼げずに終わってしまうと思います。 理由はシンプルで、あなたが副業として取り組んでいる仕事を、本業として全ての時間を注いで本 […