公開日:2019年05月17日 / 最終更新日:2019年05月17日

【4つの目】鳥の目・虫の目・魚の目・コウモリの目であらゆる困難を打開する

物事の本質を見抜くためには、1つの事象を様々な角度で見る必要があります。

  • 注目してみる
  • 遠目から俯瞰する
  • 取り巻く環境を見る
  • あえて逆さまにして見る

そんな多角的な物事の見方を、別の生き物になぞって「鳥の目・虫の目・魚の目・コウモリの目」と言います。

今回は、4つの目について説明していきます。

俯瞰的に全体を見る「鳥の目」

空を優雅に飛ぶ鳥

空を優雅に飛び、上空から見下ろす様から、俯瞰して全体を見ることを「鳥の目」と言います。経済学でいう「マクロの視点」です。

あえて一歩引いた視点を取ることで、課題とは別の本質的改善点を見つけることができます。

局所的に注視する「虫の目」

てんとう虫

小さな虫の様子から、局所的に注視して見ることを「虫の目」と言います。経済学でいう「ミクロの視点」です。

「神は細部に宿る」という言葉があるように、注視しないと気遣いない小さな改善点を見つけることができます。

取り巻く空気に着目する「魚の目」

魚

魚が潮の流れを読んで泳ぐことから、時代の流れを読む目を「魚(うお)の目」と言います。

時代の流れを読むとは、温暖化、少子高齢化などの社会問題から、VRや5Gなどのテクノロジーの進化まで、あらゆる状況を把握する力です。

正反対に見る「コウモリの目」

コウモリ

コウモリが逆さまにぶら下がっている様子から、物事を反対で捉えることを「コウモリの目」と言います。

コウモリの目によって成功した例が「いきなりステーキ」というステーキ屋です。

「高級ステーキ = ドレスコードでエレガントな雰囲気」という固定概念を打ち破り、高級ステーキを立ち食いで安く食べられる仕組みを作り、大成功を収めました。

Airbnbという民泊サービスも、プライベート空間の家を貸すといった斬新な発想から生まれており、まさにコウモリの目です。

爆発的なイノベーションには欠かせない視野です。

4つ全ての目が必要

どれか一つが重要なのではなく、4つの目を使い分けることが大切です。

「虫の目」を持って細部に注目し、「鳥の目」を持って全体を俯瞰して捉え、「魚の目」を持って時代を先取り、「コウモリの目」を持って爆発的なイノベーションを起こします。

困難に行き詰まったら、どの視野が足りないか思い返してみましょう。

関連記事

初心者向け!寄附金控除を受けるためのふるさと納税の手続きの流れ

平成21年度から始まったふるさと納税の寄附金税制制度ですが、年々注目を集め、平成30年では2,447億円を超えるほど注目を集めています。 多くの方が有効活用しているふるさと納税の寄附金控除ですが、「手続きが複雑そうだから […

周りに悪影響を与えずに「人間関係を切る技術」

「あの人とは絶対に合わない!」 生きていく中で、性格的に絶対に合わない人は必ず現れます。 一緒にいるとストレスを感じるし、できれば人間関係を切りたい、、、 そんな方のために、周りに悪影響を与えずに人間関係を切る技術をお伝 […

【実体験】たった3ヶ月で月20万円稼げるようになったクラウドワークス・ランサーズの「悪魔交渉術」

これは、アウトソーシングと呼ばれる外注サービスで、たった3ヶ月で月に20万円を稼いだ私の経験談です。 稼げるようになった要素として、最も効果を発揮したのが、私が考え出した「悪魔交渉術」です。悪魔交渉術の基本は「破壊」です […

起業したい女性に贈る今から実践すべき成功者の3つの習慣

「いつかは起業したい」そう考えているあなたに向けて、成功するために重要な3つの習慣をお伝えします。 多くの経営者とお会いしていく中で見えた、能力ではない習慣で重要な3つの要素です。 意識すればできることなので、今のうちか […

女性の新しい働き方「プチ起業」とは?今すぐにでもできる副業の始め方

「プチ起業」という言葉をご存知でしょうか? 副業や在宅ワークのような形で、ハンドメイドアクセサリーやインターネットショップを開いたり、カフェをやったりと、様々な形で自分の好きなことで小さく起業するスタイルとをプチ起業と呼 […