公開日:2019年05月17日 / 最終更新日:2019年05月17日

【4つの目】鳥の目・虫の目・魚の目・コウモリの目であらゆる困難を打開する

物事の本質を見抜くためには、1つの事象を様々な角度で見る必要があります。

  • 注目してみる
  • 遠目から俯瞰する
  • 取り巻く環境を見る
  • あえて逆さまにして見る

そんな多角的な物事の見方を、別の生き物になぞって「鳥の目・虫の目・魚の目・コウモリの目」と言います。

今回は、4つの目について説明していきます。

俯瞰的に全体を見る「鳥の目」

空を優雅に飛ぶ鳥

空を優雅に飛び、上空から見下ろす様から、俯瞰して全体を見ることを「鳥の目」と言います。経済学でいう「マクロの視点」です。

あえて一歩引いた視点を取ることで、課題とは別の本質的改善点を見つけることができます。

局所的に注視する「虫の目」

てんとう虫

小さな虫の様子から、局所的に注視して見ることを「虫の目」と言います。経済学でいう「ミクロの視点」です。

「神は細部に宿る」という言葉があるように、注視しないと気遣いない小さな改善点を見つけることができます。

取り巻く空気に着目する「魚の目」

魚

魚が潮の流れを読んで泳ぐことから、時代の流れを読む目を「魚(うお)の目」と言います。

時代の流れを読むとは、温暖化、少子高齢化などの社会問題から、VRや5Gなどのテクノロジーの進化まで、あらゆる状況を把握する力です。

正反対に見る「コウモリの目」

コウモリ

コウモリが逆さまにぶら下がっている様子から、物事を反対で捉えることを「コウモリの目」と言います。

コウモリの目によって成功した例が「いきなりステーキ」というステーキ屋です。

「高級ステーキ = ドレスコードでエレガントな雰囲気」という固定概念を打ち破り、高級ステーキを立ち食いで安く食べられる仕組みを作り、大成功を収めました。

Airbnbという民泊サービスも、プライベート空間の家を貸すといった斬新な発想から生まれており、まさにコウモリの目です。

爆発的なイノベーションには欠かせない視野です。

4つ全ての目が必要

どれか一つが重要なのではなく、4つの目を使い分けることが大切です。

「虫の目」を持って細部に注目し、「鳥の目」を持って全体を俯瞰して捉え、「魚の目」を持って時代を先取り、「コウモリの目」を持って爆発的なイノベーションを起こします。

困難に行き詰まったら、どの視野が足りないか思い返してみましょう。

関連記事

あなたを選んでもらうプロフィールの書き方

こんにちは!余吾です。 商品やサービスを購入する時、他の条件が同じであれば人は、知っていて、気に入っていて、信頼している人を選んで商品を購入します。でも、知り合いばかりがあなたの商品やサービスを購入するわけではないですよ […

副業の確定申告が全くわからないあなたが読むべき副業の税金知識

将来の生活のために、また今後独立を考えていて、そのための準備として副業を始めたと思いますが、いざ副業で収入が発生すると「税金ってどうするんだろう?確定申告はやらなきゃいけないのかな?」と疑問に持つと思います。 実際に学校 […

起業するなら週末起業!会社員として50万円以上の恩恵を受けつつ起業する方法

週末起業と聞くと、「休みの日に行うちょっとした起業」という印象を持つ方も多いと思いますが、会社員としての恩恵を受けつつ起業できるおすすめの起業方法なのです。 会社員として年間50万円以上の恩恵を受けつつ、好きなことに集中 […

副業は年末調整によってバレる?副業がバレない確定申告の方法とは

会社の給料はなかなか上がらないため副業を始めたが、副業禁止の会社で年末調整の書類の提出を求められ、「副業がバレてしまうのでは」と悩んでいるかと思います。 実際、年末調整は正確な所得税を計算するために行うので、副業をしてい […

ふるさと納税を公務員が行う場合の注意点と手続きの流れ

公務員という立場上、 自治体職員が他の自治体への寄附を行なっていいのか ふるさと納税が副業禁止に引っかからないか という2点が気になり、ふるさと納税についても疑問に思い、気にはなるけど、手が出せずに終わっているのではない […