MORE美女性の起業を応援するメディア。

|

【4つの目】鳥の目・虫の目・魚の目・コウモリの目であらゆる困難を打開する

物事の本質を見抜くためには、1つの事象を様々な角度で見る必要があります。

  • 注目してみる
  • 遠目から俯瞰する
  • 取り巻く環境を見る
  • あえて逆さまにして見る

そんな多角的な物事の見方を、別の生き物になぞって「鳥の目・虫の目・魚の目・コウモリの目」と言います。

今回は、4つの目について説明していきます。

俯瞰的に全体を見る「鳥の目」

空を優雅に飛ぶ鳥

空を優雅に飛び、上空から見下ろす様から、俯瞰して全体を見ることを「鳥の目」と言います。経済学でいう「マクロの視点」です。

あえて一歩引いた視点を取ることで、課題とは別の本質的改善点を見つけることができます。

局所的に注視する「虫の目」

てんとう虫

小さな虫の様子から、局所的に注視して見ることを「虫の目」と言います。経済学でいう「ミクロの視点」です。

「神は細部に宿る」という言葉があるように、注視しないと気遣いない小さな改善点を見つけることができます。

取り巻く空気に着目する「魚の目」

魚

魚が潮の流れを読んで泳ぐことから、時代の流れを読む目を「魚(うお)の目」と言います。

時代の流れを読むとは、温暖化、少子高齢化などの社会問題から、VRや5Gなどのテクノロジーの進化まで、あらゆる状況を把握する力です。

正反対に見る「コウモリの目」

コウモリ

コウモリが逆さまにぶら下がっている様子から、物事を反対で捉えることを「コウモリの目」と言います。

コウモリの目によって成功した例が「いきなりステーキ」というステーキ屋です。

「高級ステーキ = ドレスコードでエレガントな雰囲気」という固定概念を打ち破り、高級ステーキを立ち食いで安く食べられる仕組みを作り、大成功を収めました。

Airbnbという民泊サービスも、プライベート空間の家を貸すといった斬新な発想から生まれており、まさにコウモリの目です。

爆発的なイノベーションには欠かせない視野です。

4つ全ての目が必要

どれか一つが重要なのではなく、4つの目を使い分けることが大切です。

「虫の目」を持って細部に注目し、「鳥の目」を持って全体を俯瞰して捉え、「魚の目」を持って時代を先取り、「コウモリの目」を持って爆発的なイノベーションを起こします。

困難に行き詰まったら、どの視野が足りないか思い返してみましょう。

この記事を書いた人

女性起業サポート

MORE美 編集部

女性のこれからの働き方を見つけるメディアです。 女性起業家セミナー、女性向け高品質な格安ホームページ制作を承っております。

女性の起業に役立つ情報を
お届けします

女性の夢の自己実現のサポートとして、起業・副業に役立つ情報を配信します。

  • 税金などのお金の知恵
  • 起業に役立つサービス・アイテム情報
  • 補助金最新情報

これから挑戦したいという方に必要な情報をお届けしますので、是非ご登録お願いいたします!

AD

新着情報

\ FOLLOW ME /