自転車保険におすすめはない?自転車保険と同じ補償を他でカバーする3つの裏わざ

自動車保険の事故が年々増加し、高額な賠償金問題も多発している中で、各自治体が自転車保険の加入を義務化する動きが徐々に拡大し始めました。

それに伴い、自転車保険について興味を持つ方も増え、自転車保険の広告も頻繁に見るようになりました。

しかし、実は自転車保険の補償内容は他の保険で補償することができ、かつ自転車保険よりも月々の保険料が10分の1になるのです。

そこで、自転車保険の補償内容について理解し、他の保険で補償する3つの方法についてお伝えします。

自転車保険の中身は「個人賠償責任保険」と「傷害保険」

保険の中身

自転車保険の補償内容は、加害者になった場合に損害賠償を補償してくれる「個人賠償責任保険」と、ご自身の怪我を補償してくれる「傷害保険」に分類されます。

相手への補償 自分への補償
モノ
個人賠償責任保険 ×
傷害保険 × ×

自分への補償は「医療保険」や「生命保険」でカバーすることができます。

では、相手を事故に巻き込み、損害賠償を支払う際の補償となる「個人賠償責任保険」はどうだろうか。あまり聞きなれない保険だが、実は3割近くの人は既に知らず識らずのうちに加入しているのです。

個人賠償責任保険は、多くの保険の特約として付帯しているケースが多く、補償範囲も広く、それでいて保険料も月数百円なので、非常に使い勝手もいい特約です。

今回ご紹介する自転車保険の補償をカバーする裏技とは、各保険の特約を活用することで、月々3,000円かかる自転車保険を、月々数百円で抑えようという裏技なのです。

それでは早速見て行きましょう。

自転車保険を火災保険の個人賠償責任特約でカバー

火災保険の証券

まずチェックするべき保険証券は火災保険です。

契約者だけでなく、同居している家族であれば個人賠償責任特約の対象となるため、必ず火災保険の証券は確認しましょう。

自転車保険を自動車保険の個人賠償責任特約でカバー

自動車保険の証券

次にチェックすべき保険証券は自動車保険です。

多くの自動車保険に個人賠償責任保険特約がついています。

自転車保険をクレジットカードの個人賠償責任保険でカバー

クレジットカード

知らない方も多いですが、クレジットカードのサービスで、個人賠償責任保険に加入することができます。

月々200円程度で、年会費無料のクレジットカードもあるため非常にお得です。

個人賠償責任保険を払いすぎていないかチェック

チェック

個人賠償責任保険は、名前の通り「賠償」に対する保険なので、複数で加入していたとしても、保険が支払われるのは1社のみです。

月々数百円なので、入っていても大きな負担にはなりませんが、意味もなく毎月支払うのは勿体無いので、この際に「自転車保険」と「火災保険」の個人賠償責任特約に加入していないか確認しておきましょう。

最短90日で自分にしかできないことで起業を現実に!
女性起業のための7ステップメールセミナー

自分の”好き”をビジネスに!
女性起業のためのスタートダッシュセミナー

90日で自分だけのビジネスをカタチにする
起業マニュアルをプレゼント!

詳しくはコチラ

最短90日で
起業を現実に!

女性起業のための
7ステップメールセミナー

自分の"好き"を
ビジネスに!

女性起業のための
スタートダッシュセミナー

90日でビジネスをカタチにする!

詳しくはコチラ