自転車保険ランキングよりも確認すべき個人賠償責任特約とは

全国各地で自転車保険の義務化が始まり、自転車事故による高額賠償問題が起こる中で、自転車保険への加入を検討し、自転車保険のランキングを調べたりしていないでしょうか?

結論から言うと、自転車保険は不要なので、ランキングを見る必要はありません。

そして、自転車保険を調べるよりも「火災保険」や「自動車保険」で個人賠償責任特約に加入していないかを調べることが重要です。

今回は、自転車保険の補償内容、個人賠償責任保険について見ていきます。

自転車保険の補償内容を分析するとわかる自転車保険の必要性

自動車保険の補償内容を確認

自転車保険の補償内容は大きく分けて2種類あり、「相手への補償」と「自分への補償」です。

相手への補償は「個人賠償責任保険」であり、自分への補償は「傷害保険」となります。

相手型への補償 自分への補償
モノ
個人賠償責任保険 ×
傷害保険 × ×

そして、重要なのが、それぞれの補償は他の保険でカバーできるという点です。

個人賠償責任保険は「火災保険」や「自動車保険」でカバーできる

火災保険の補償内容

個人賠償責任保険は、実は火災保険や自動車保険の特約として加入することができるのです。

自転車保険だと月々500円近く掛かるが、特約でつけると200円程度だったりと、個人賠償責任特約の方が割安なケースが多いです。

そのため、新たに自転車保険の個人賠償責任保険に加入するのではなく、火災保険や自動車保険で特約をつけることができないかをしっかりと確認してください。

クレジットカードにも個人賠償責任保険が入っている

クレジットカードの個人賠償責任保険

実は、上記の特約だけでなく、クレジットカードの個人賠償責任保険に加入することで、補償をカバーすることができます。

万が一のことを踏まえ、1億円の補償がカバーできるクレジットカード付帯の個人賠償責任保険を見ていきます。

クレジットカード種類 保険名 月額保険料
イオン ネットでかんたん保険 日常生活賠償プラン 260円/月額
エポス エポラク傷害保険 自由設計コース 250円/月額
JCB JCBトッピング保険 自転車プラン(基本) 280円/月額
NICOS ハンディー保険 日常生活賠償プラン 150円/月額
セゾン Super Value Plus ご迷惑安心プラン[U] 300円/月額
三井住友 ポケット保険 自由設計コース 250円/月額

上記の中で年会費無料のカードも多いため、火災保険、自動車保険で個人賠償責任特約を付帯することが難しければ、クレジットカードを発行して、個人賠償責任保険を付帯させましょう。

傷害保険は「医療保険」や「生命保険」でしっかり補償

自転車保険のもう一つの補償が自分自身のケガを補償する「傷害保険」の機能ですが、こちらは医療保険や生命保険でしっかりとカバーしましょう。

自転車保険の傷害保険で補償できるのは突発的な事故の場合のみなので、範囲がとても狭いです。

それと比較し、医療保険はあらゆる怪我や事故に対して補償が適用されるので、自転車事故の自分への補償は医療保険や生命保険でカバーしましょう。

自転車保険ランキングよりも火災保険と自動車保険を見よう

女性がパソコンで火災保険と自動車保険を確認

自転車保険を調べるよりも、まずは火災保険、自動車保険の証券で「個人賠償責任特約」に加入していないか調べましょう。

もし加入していなければ、特約をつけられるかどうか確認し、難しければ年会費無料のクレジットカードを発行して、付帯サービスの個人賠償責任特約を活用しましょう。

最短90日で自分にしかできないことで起業を現実に!
女性起業のための7ステップメールセミナー

自分の”好き”をビジネスに!
女性起業のためのスタートダッシュセミナー

90日で自分だけのビジネスをカタチにする
起業マニュアルをプレゼント!

詳しくはコチラ

最短90日で
起業を現実に!

女性起業のための
7ステップメールセミナー

自分の"好き"を
ビジネスに!

女性起業のための
スタートダッシュセミナー

90日でビジネスをカタチにする!

詳しくはコチラ